スルガ銀行デンタルローン審査落ちの注意点

デンタルローンやマイカーローンなどの各種ローンを組む際に心配なのが審査に通るか、落ちることはないのかということです。

では、どういった人が審査に通りやすいのでしょうか。

それは、継続して安定した収入のある正社員の方です。

これは、収入が安定していれば返済の見込みが出来るからです。

では、逆に落ちる人にはどんな方が多いのでしょうか。

クレヒスに問題がある人が多いようです。

特に若い人に多いのが携帯料金などで口座残高が不足していて引き落としができなかったことです。

滞納に気づいてすぐに解決したのなら良いのですが連続で延滞や何回も繰り返していると落ちやすいようです。

歯が抜けてしまってインプラント治療をしたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時に歯科医院でデンタルローンの利用を提案されることがあります。

審査なしで利用できるローンはなく必ず審査があります。

では、審査基準はどういったところを重点的に見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方がローンを利用としても法律上、親名義で申し込む、もしくは親や保護者の承諾書が必要になります。

他には、返済の遅延の繰り返しや自己破産など、いわゆるブラックリストに入っていないかを見られます。

また、成人していても審査結果によっては保証人が必要になることもあります。

歯の健康寿命を考えてインプラント治療を受けようとしたときに高額な費用がネックになる方が多いようです。

実は、ほとんどの金融機関では専業主婦の方も、デンタルローンの利用ができます。

しかし、御指針に収入のない主婦の方名義で借りる場合には、安定した収入のあるご家族の方が保証人になる必要があります。

また、CMなどでも聞く利用目的フリーのカードローンとは違い、歯科治療にのみ利用制限されているので金利が低く設定されていることが多く、返済回数、借入額を申込前にシミュレーションして決めることができるので、毎月の支払いに余裕ができます。

そのため高額な治療費がかかるからと諦めることなく治療を受けられます。

皆さんは歯医者を選ぶ時にどのようにして選びますか?実は、日本に存在する歯医者ってコンビニよりも多いんです。

なので選ぶ幅が広すぎて選びにくいですよね。

そんな時に見ているのが口コミサイトです。

行こうと思っている歯科医院の設備はどうなのか、先生はどんな人なのか初めて行く場合には非常に参考になります。

別の選び方としては、受けたい治療方法によって選ぶのもありますね。

例えば、歯並びの矯正を考えている場合では、治療に行く前から高額な費用が必要な事がわかっている場合、利用したいデンタルローンを決めてからそのローンと提携している歯医者を探すなどです。

歯並びが悪い、噛み合わせが悪いと色々弊害が起こります。

一方で噛むことが多くなりバランスの歪みに繋がったり、虫歯や歯周病につながりやすくなります。

また、噛み合わせの良さはスポーツのパフォーマンスにも関わってきます。

陸上のクラウチングスタートを例にすると走る時の理想的な姿勢を保つために歯を食いしばって体を固定したり、スタート直後の加速時に地面を強く蹴る時に体のブレや力を逃さないようにしています。

このように噛み合わせや虫歯と運動能力は密接に関わってきます。

デンタルローンを利用して矯正してはいかがでしょうかその際は、月々の返済金額に無理がないかシミュレーションしましょう。

奨学金やデンタルローンなど各種ローンの支払いが遅延している、止まった事があるというもしくは延滞していた方じゃ新しく住宅ローンなどを組む時に申し込みをしても審査に通らない可能性が非常に高いです。

というのも信販会社は、審査時に必ず信用情報機関に信用情報を照会します。

未払いが連続したり、債務整理をしていると信用情報機関としてはいわゆるブラックリストに載ることになります。

信用情報機関にはローンやクレカの申し込み、契約時の情報、借入・返済記録などの情報が残っています。

だいたい、申し込み・完済から5年が目安で記録されているようです。

歯列矯正って保険外治療になって高額な治療費がかかってしまうため歯並びを治そうと思っても決心がつきにくいですよね。

そんなときに利用できるローンがあります。

それがデンタルローンです。

歯列矯正などの高額治療を勧められる時にはどれくらい治療費がかかるかの見積もりを出されるのでその見積もりに対していくら借入するか、また、借入後の分割支払いをどうするのかを各ローン会社のwebサイトでシュミレーションをしましょう。

また、1年間の治療費が10万円以上かかった場合には、確定申告時に申告をすることで還付ができますので忘れずにしましょう。

「自営業でもデンタルローンは借りられるの?」質問サイトにこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも審査に通ればローンを組むことができます。

では、なぜそう考えてしまったのでしょうか。

その理由として、歯科治療などの使い道を限定したローンは事業目的には利用できないことが挙げられます。

そのほかに審査ポイントとして重要視される「安定した収入」と言う部分が自営業の場合、どうしてもばらつきが出てしまう、営業期間が短いと「安定した」と見られないこと、一定以上の金額になると収入証明を求められることがあることが挙げられます。

突然ですが毎月8日は何の日か知っていますか?日本矯正歯科学会が設定した「いい(11)歯(8)並びの日」なんです。

そこで、歯並びに関するランキングを調べてみたところ、「人に言えない歯の悩みランキング」というものが発表されていました。

歯並びや噛み合わせに悩んでいる人は多いようです。

悩みはできれば解消したいと思っているはずです。

でも、治している人が多ければランキングは低くなるはず、なぜそのままになっているのでしょう。

歯並びや噛み合わせを治す治療費が高額なのが大きな理由とされています。

歯列矯正の費用は自費負担になるため、ためらってしまうようです。

ジャックスなど様々な金融機関が扱っているデンタルローンを利用してみてはどうでしょうか。

原因不明の頭痛や肩こりで困っている方。

もしかしたら、噛み合わせの悪さが原因かもしれないです。

それが原因かもと思って、歯医者に行ってみたら治療するのに思っていた以上に高額な費用がかかることがわかって躊躇してしまう、そんなにすぐ、パートで働いている自分にはそんな費用は用意できないパートの方でも利用できるデンタルローンを探して利用してみるのはどうでしょうか。

ただ、ローンを組む際には、「安定した収入」であるかを審査時に重要になり非正規雇用なのが不利に見られることがあります。

確実性を求めるならば、「安定した収入」のある配偶者名義で申し込みをした方が審査にいいようです。

歯並びがコンプレックスで困っている方、デンタルローンの利用はどうでしょうか。

世間的にデンタル「ローン」と聞くとクレジットカード会社のものと住宅ローンのように銀行でもやっています。

スルガ銀行の場合では最大800万円まで借入ができ、最大で120回払いの分割払いもできます。

また、治療計画を立てるのに役立つ事前審査を行っていたり、ネットで契約締結できるので昼間に仕事をしていても無理やり銀行に行く時間を作らなくて済むのは便利です。

歯列矯正を考えている方の参考にどうぞ。

出っ歯なのが気になる、歯並びが悪くて笑うときに人の目を気にしてしまうなど歯に関する悩みを持っている方がいます。

歯列矯正を行なってコンプレックスから解放されてみませんか?でも、イメージ的に矯正って高額な費用がかかりそうですよね。

現金が用意出来ない場合、デンタルローンを利用して分割払いという方法もあります。

矯正を提案されてそのまますぐに歯科医院で審査をしようと覆っても必要な情報を覚えていなかったり規約や金利の確認をしておきたいし少し抵抗がありませんか。

そんな場合、申し込む前に事前にHPで仮審査を行っておくのがおすすめです。

流れとしては使いたいローンのサイトで事前審査をして通過後、ローン提携している歯科医院で再診し、正式申込で完了になります。

歯医医院に治療をした際に、高額治療をするならとデンタルローンを提案されることがあるそうです。

デンタルローンの意味は、利用目的を「歯科治療費」のみに制限したローンです。

細かい部分は異なりますが、基本的には「住宅ローン」や「自動車ローン」と同じと想像していただくのが一番わかりやすいです。

では、申し込み時の確認事項を整理しましょう。

①パンフレットなどの治療費がわかる書類、②安定・継続した収入(職業が会社員、公務員ならあまり気にしないで大丈夫です。

)これら2点はどのローンでも必ず確認されます。

インプラントや歯列矯正をしようと思っても治療費が自己負担になる自費治療では費用が用意できないなど治療に踏み出しづらい方もいます。

そんな方はデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

また、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、確定申告時に申請をすることで、治療費の一部が還付されるので領収書は取っておきましょう。

仮に、申告し忘れても、最大5年前まで医療費控除をさかのぼって受けることができます。

このように、いろいろな制度を利用して費用負担軽減もできます。

インプラント治療などの費用を立て替えてくれるデンタルローンですが、どんな企業や機関が行っているのでしょうか。

検索してみると、信販会社としてはアプラス、銀行としてはスルガ銀行、イオン銀行が上位に表示されました。

申し込み方法やなど借入上限金額など各ローンによって内容、条件が変わってくるので、かかりつけの医院の提携ローン、様々なローンのwebサイトを確認して自分に合ったローンを見つけてください。

また、年間10万円以上の医療費がかかった場合、医療費控除の対象になりますので、行政側の制度もチェックしておきましょう。

引用:スルガ銀行デンタルローン審査は厳しい?低金利の借り方の流れ