消費者金融の規制緩和の意図とは?

現在自民党の中で消費者金融の規制緩和をしようとする動きがあるようです。
これが現実になると、今までの融資制限であった総量規制がなくなりますし、利率の上限も20%から29.
2%に上がります。
ただ、すべての消費者金融がこの恩恵に預かれるわけではなく、優良な金融機関に限られるとのことです。
大手の消費者金融に限定されるでしょうが、今までのように銀行に比べて不利な立場で貸付業務をする必要はなくなったわけです。
しかし、最近の大手消費者金融の多くは、銀行系列であり、結局は銀行の政治力でこのようなことになったという声もあります。
この恩典が現実になったとしても、受けられるか否かの審査をするのは金融庁ですから、恣意性の介入は必至でしょう。
総量規制の例外