パソコンのSSDって?

SSDとは「SolidStateDrive」の略で、半導体素子メモリを用いた記憶装置の一つです。
このように言うと何か分かりにくいように思うかも知れませんが、フラッシュメモリといえば分かりやすいと思います。
データーを保存する機器としては、過去にはテープドライブがあり、その後はフロッピーディスクドライブやハードディスクドライブなどが主要なものとなってきました。
外部にデーターを保存するときにはCDやDVD、あるいはブルーレイなども用いられますが、このような機器をストレージデバイスと呼びます。
SSDは最も新しいストレージデバイスだといえるでしょう。
最近ではパソコンのデータを持ち運ぶときに、SDカードやUSBメモリなどにデータを写すことが多いと思います。
半導体素子メモリとはこのようなものを差します。
これをディスクドライブの代わりに用いたものがSSDであると言えるでしょう。
最近ではSSDも大容量のものが作られ、また価格も安くなってきたことからハードディスクを搭載する代わりにSSDを搭載したパソコンもあります。
ハードディスクドライブやその他のディスクドライブの代わりに用いられることが多いために、SSDディスクなどと呼ばれることもありますが、この表現は誤りだといえるでしょう。
ハードディスクドライブやその他のディスクドライブでは、円盤状のものが回転しています。
ですから円盤を意味するディスクという言葉が使われるのですが、SSDでは半導体素子を並べてあるだけですから回転するものはありません。
ですから、ディスクという言葉を使うのは適切でないと言えるでしょう。